前へ
次へ

医療の進歩でがんは治る日が来るのか

今や現代は、がんにかかる人の割合が二人に一人とも言われており、他人ごとではなくなっています。
その治療は非常につらいものになることあることが知られており、情報化が進んだ現在では、その様子を事細かに紹介している記事を目にすることもあります。
それでも、医療技術は日々進んでいっており、先日もノーベル賞を受賞した日本人の研究内容は、これまでとは違った観点でがんを治していくことに繋がるというものであったように、さまざまな角度から研究がされており、その成果を出しています。
現在でも医療の研究は続けられており、さらに新しい発想のがん治療方法も開発されるかもしれません。
これから数十年後には、すべてのがんを対処することができるような治療方法が確立されているかもしれません。
その時まで生きていられるかどうかはわかりませんが、ぜひ、その瞬間に立ち会ってみたい、と思わずにはいられません。
その協力ができるのであれば、治験者となってみるのも悪くないかもしれません。

Page Top