前へ
次へ

これからの地方医療と医師派遣を考える

医師不足が叫ばれているのは人口の多い都市ではなく、人口が少ない地方がいわれています。
医師の適正配置は今後もやっていかなくてはいけない問題になっていますが、実際には難しい課題をクリアしないといけません。
地方では医師を確保するためにも行政と一緒になってやっているのは、福利厚生の充実があります。
住宅を用意したり地方で働いてくれる医療従事者には、優遇するという措置をとっているところもたくさんあります。
また医療も経営が成り立たなければ続けることができません。
経営が成り立つということは、一定の患者がくるようなシステムになっていることや、やはり人口などをベースになります。
また医師が少ないということから、仕事が多忙になってしまう可能性もあります。
そのために一定期間の医師の派遣なども考える行政も増えてきています。
人材を確保することは簡単なことではありませんが、行政と一緒になって医療を考えていければ未来が見えてきます。

Page Top